記事一覧

万一に備えて便利に役立つ

土のう袋

保管タイプやレンタルも

土のう袋は建築会社や工務店などの建設業で普段の業務から用いるのはもちろんですが、近年は災害時など万が一に備えてのニーズも増大しています。地球温暖化の影響からか異常気象が相次いでおり、突然のゲリラ豪雨や台風や大雨による河川の決壊などに伴う水害が日本各地で起こっています。突然の浸水被害から自社ビルを守り、工場や作業所などを守って業務に必要な機械の保全や業務の停滞や停止を防ぐためにも土のう袋を用意しておくと安心です。土のう袋は比較的低コストで購入できるほか、保管用のストックケースなども販売されていて、自社ビルの駐車場の空いている部分や工場の敷地などに見た目も整頓してストックしておくこともできます。また、レンタル土のうサービスもあり、台風シーズンなどの時期だけ借りて置き、必要がなくなったら返却することで保管スペースの確保や管理の手間などを省くことも可能です。一方、土のう袋を建設現場で業務として頻繁に利用している企業においては、大量の土のうを購入する方法のほか、安全かつスピーディーに袋詰めができる土のう袋詰め機を購入したり、リースして利用する方法も考えられます。安く土のう袋を仕入れて日々の業務に必要な個数を土砂を投入して袋詰めすることで、大量の土のうのストックを抑え保管する倉庫スペースを縮小したり、在庫を抱えるリスクを抑えられます。土のう袋のストックがあれば、災害時や緊急時にはスピーディーに袋詰めも可能です。

Copyright© 2018 用途に合った観客席を買おう【メーカー選びが重要】 All Rights Reserved.