記事一覧

目的に合わせた観覧の場を

男性と女性

優先する条件を基に比較を

ホールや会館、各種のコミュニティスペースやイベント会場などに観覧席を設置する場合には、どのようなタイプやスタイル、デザインのものを導入するかの検討が必要になります。会場の広さや観覧スペースの面積や形状、何席もうけたいかによって選ぶ条件が異なってくるほか、座り心地や見た目のデザインが会場の雰囲気に合うかを検討し、かつ、予算に合ったものを選ばなくてはなりません。利用する来場者からすれば座り心地がいい椅子に人気が高まりますが、設置スペースの関係や予算の制約のほか、主な利用目的としてどのようなイベントや公演を予定しているのかや、どのような客層がターゲットになるかでも優先順位は異なってきますので、メーカーをリサーチしてコンサルティングや見積もりを提示してもらって比較検討をしていきましょう。観覧席のメーカーとしてはオフィス家具の製造や販売でも有名なメーカーをはじめ、業務用のイスや家具を専門的に製造、販売しているメーカー、イベント関連や会場設営関連の什器や機材などを専門的に取り扱っているメーカーなどがあります。観覧席の席数をなるべく多くしたい場合には細身のタイプや背もたれが折れるタイプ、若い人向けのイベントが多く、席を用意してもほとんどスタンディングで観覧が予定される会場ならシンプルで低コスト、不用な際は撤収、保管がしやすいタイプなどが選択肢に挙がります。一方で、1つの公演やイベントに何時間もかかったり、高齢者層が多いと見込まれる会場の観覧席は長時間座っても疲れにくい、背もたれが折れない、アーム付きなどを検討するといいでしょう。

Copyright© 2018 用途に合った観客席を買おう【メーカー選びが重要】 All Rights Reserved.