記事一覧

正しく使用しよう

男性

利用前に確認してください

土のう袋は、災害現場や道路工事など、様々な場面で活躍しています。会社や自宅などにいくつかあると便利ですが、使用する際はいくつか気をつける点もありますので、今一度確認しておきましょう。土のう袋は取り扱いに注意してください。実際に使われている袋は頑丈なポリエチレンを縫い合わせて作っていますので、すぐに生地が破損することはほとんどありません。そのため通常は心配する必要はないのですが、災害の程度や使用する場所によっては縫い目が破れ、中に詰め込まれている土が漏れたり、その部分から崩れて破損したりすることもあります。このように土のう袋が破れる可能性も考えれますので、袋に土を入れた後は、高い場所から落としたり強い衝撃は与えたりしないようにしてください。さらに、土が入った状態の土のう袋は非常に重くなります。あまり重すぎると、落として破れたり、運ぶ際に腰を痛めたりなど、様々なトラブルに見舞われることもあります。その他にも様々なトラブルが発生する可能性がありますので、専用袋の中に入れる土の量にも注意が必要です。それぞれの袋によって規定の重さが決まっていますが、わからない方は25キロを目安にしてください。この25キロですが、7割程度の量と見ておけばよいでしょう。また、土のう袋は保管する際も注意が必要です。ポリエチレンでできた専用袋は、熱に非常に弱い性質があります。そのため保管場所は、直射日光が当たらないようにしておきましょう。

Copyright© 2018 用途に合った観客席を買おう【メーカー選びが重要】 All Rights Reserved.